Tender season 

* やわらかな 季(とき) *
* いっしょに しあわせさがし しませんか? *
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
*ありがとう
魔法の杖
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
過去を変える代わりに・・・ 〔ヒトリゴト〕
「こんなはずじゃなかった・・・」

そんな思いを 抱くことって いろんな場面でありますよね
失恋とか 別れとか 失敗とか とかとかとか・・・

そんな時に
振り返ることって 大切なことだと思うの・・・

ここからは 私の経験談・・(笑)

「過去をふりかえって嘆いてばかりいないで、
もっと未来に向かって 歩いていかなきゃ」

自分自身が 悲しくてつらくってどうしたらよいかわからない時
そんなアドバイスを聞いたりもするけれど、
そんなことは100も自分自身が承知してる

うん、頭ではわかっているのよね。わかってはいるんだけれど 心がついていかない。
そんな時って 誰にでもあるんだって思う!
でも、この現実は 受け止めなきゃいけない。。。
過去が素敵すぎたら 余計 今の現状を受け入れることが出来ない
そんな時に どうしたらいいのか・・・・

私のバアイ
あくまで私のバアイだけれど

とことん 落ち込みます。
泣いて叫んで(実際には声を出すわけではないけれど)
自分の感情にふたをすることなく そのまま自分に正直に心のままに
つらいならツライ
かなしいなら悲しい
しんどいならシンドイ
そのことを まっすぐに受け止めるようにします
そんなことを言ったって 頭の中は 現実を受け入れるだけで精一杯
もう自分でもワケわからないくらい ぐちゃぐちゃで
冷静に考えることができるほどの余裕なんてあるわけがない
だから
ただ、ただ、文字にして書きなぐります
パソコンをつかってもいい
実際にかみに自分の手で書いていってもいい
メールを自分宛に打ってもいい
とにかく、奇麗事なんて 一切無しで
じぶんの感情書きなぐるのです
もう、自分に対しての後悔の念や 相手に対する 恨みつらみでもいい
誰が見るわけでもないのだから、そんな気をつかって言葉を選ぶ必要もなく
どんな汚い言葉でも、汚い思いでも、なんでもいいから 心の中をぶちまける
もう、これ以上心の中にはないってくらい 思いを書いていく
1日に 何かを思ったときに すぐにその気持ちをかいていって
それが 数通であるかも、数十通であるかもわからないけれど
そのとき その瞬間に思ったことを書いていくの
それと あと その出来事がおこるに至った 最初から振り返ってみるのもいいとおもう
出逢いから今までの 自分自身の思いや出来事 楽しかったことやつらかったこと
嬉しかったことや不満に思っていたこと
みんなみんな 正直に
ここが重要、だれも見ていないんだから 自分にまで嘘をつくことなんてしなくってもいい
自分の思ったこと たくさん書いていって
それで、なにか自分の中で整理が出来れば それでいいんだって思う
思い出していくと、何故か シアワセだったことがたくさん思い出されてくるよね
思い出ってなぜか いいことが心に残ってるものみたい
あの時イヤだと思っていたことも、実は自分もこうすればよかったんだなぁ
悪いことしちゃったなぁ とか そんなふうに そのときとは違う視線で 自分とそのことを(その相手を)見ることが出来てる そんな自分を発見できる
そんで、そんで、 
いつの間にか 今の自分の状況を すこしずつ受け入れられるようになってる自分に気がつくの
すこし、こころのもやもやが晴れてきたら それって素敵なことだよね

過去を振り返ることで、ちゃんと 一歩ずつ前に進んでるってことだもの

悲しい 怒り 落ち込み 怒り 
そんな繰り返しが あるとき ぱぁ〜 っとなにか 違う気持ちに変わるときがくるって思う

それが1日なのか 2日なのか 一週間なのか 1ヶ月なのか
もっともっと 時間が必要なのかは
今までに過ごした それまでの思い出の長さにもよるのだと思うけれど

それでも、いつか いい思い出に変わる日が くるって信じて

トモダチに泣きつくのも いいよねっ!
ただただ、聞いてもらって 支離滅裂なの承知で聞いてもらって
で、少しずつ 落ち着く
解決方法をもらうんじゃなくって ただ聞いてもらう
それで、いいんだって思う
そのうちに 自分の気持ち すこしずつ 落ち着いてくるもんね

私も以前、究極の時 友達に 恐ろしい量のメール送って
それで、聞いてもらいました


ドラマのように 過去に戻って やり直しをすることなんて 出来ないから
せめて 今の自分を ちゃんと愛してあげられるように
今までの 自分をちゃんと愛してあげられるように

笑顔になる日を こころから 自分が喜べる日を願って・・・

そんなことを してみるのも いいかなぁ と思います♪

なんとなく ここに 書いておきたくって・・・

ではおはな
| ひとりごと | 10:02 | comments(2) | trackbacks(28) |
ありがとう・・・の気持ち
ALS 筋萎縮性側索硬化症

ご飯が食べられること
話ができること
手がうごくこと
身体がうごくこと
眠ることができること

そのすべてがすこしずつ機能しなくなって・・・
最後に呼吸をすることさえもできなくなって

そして
私の義母は 神様のもとに 帰って行きました・・・・



10万人に一人という 難病でした
治療方法すらもなく
ただ、すべての機能が失われていくのを待つことしか出来ないという
残酷極まりない病気でした
この病気の最大の残酷さは
知能はけして失われないということ
頭のなかは病気以前と変わりなく
自分の病気の状況も、痛みも、苦しみもすべてを受け止めなければならないということ
すべてをわかった上で、ただベットの中で動くこともできず時がたつのをただ待つことしかできない。。。
そんな残酷な病気でした
義父が3年の闘病の末、旅立ったその通夜の席での
「なんか体調がよくないの・・・」
その言葉を聞いてから、病名がわからないままの1年
そして、やっと病名がわかってから たった1年でした・・・
 
生きていて欲しい
ずっと生きていて欲しい
そう願うことが、生きているもののエゴだと
治ることのないなにも治療することすら出来ないそんな母が
ただ願うこと、
その願いが叶うことが、もしかしたら一番なのではと そう思うようになりました

やっと母は自由になることができました
身体も自由にうごかせて、思う存分話ができて、きっとおいしいものを思う存分た
べることができるようになったのだと思います
2年前に一足先に天国に行った義父と
きっと、また以前のように大喧嘩をしているのだと思います
でも、たぶんそれもずっと話すこともできなかった義母にとっては
楽しいことなのじゃないかなぁ と思ったりもします

初めて母と話したのは電話口でした
一度も会ったことがなかったのに とっても優しくてあったかい声の母でした
初めて会ったときも、手放しで私を受け入れてくれました
本当の娘のように 可愛がってもらいました
何にもできない、何にも知らない どうしようもない私でしたが
全てをまるごと受け止めてくれた 心の大きな母でした

一度も喧嘩できませんでした
一度も怒られたこともありませんでした

母の作ってくれた煮物やお味噌汁は
絶対に絶対に 誰にも負けないほど 美味しいものでした
まだ、母からその作り方 きちんと教わっていません
わからないことが まだまだいっぱいあります

第一 
ありがとうも きちんと 言えていません
大好きも 言えていません

年末に また来るねっ! って言ったまま…



先日、偶然にも
一リットルの涙の特別番組が放送されました
彼女の病気も 義母と似たような病気でした
10万人に10人 10万人に1人
どちらも、想像もつかないような割合です
どうして 私なの? と 彼女が言ったように
この2年の間、 どうしてお母さんなの? と
何百回も繰り返し 思っていました

このエントリーを書くことにたいして
ずっと 心の中で葛藤がありました
本当は、もっと前に 母の生前にこの病気のことを知ってほしくて
何度も、下書きを書いては消し、また書いては消し と繰り返しをしていました
以前、聞いていただきたいことがある と書いたのも
この病気のことについてでした
でも、その記事を公開する前に 母は他界してしまいました
もっと、自分に勇気があったならば。。と


でもね、
きっと 母は いつもの笑顔で 見ていてくれるって思うんです
だから
これからも、母の笑顔をこころのなかで感じながら
毎日を 自分なりにまっすぐに 頑張って行きたいと思っています


ここで、この文章を書かせていただくことで
前に 一歩進めるような気がして・・。

こんな つたない文章で、感情まるだしの文章なのに
読んでくださって、ありがとうございました!
ホントに ありがとうございます。
@pink 2007.04.05
| ひとりごと | 23:59 | comments(3) | trackbacks(3) |
キラキラン☆
最近 キラキラにハマりまくってます♪


この前は
お友達の 卒業祝い祝
スワロでデコって きらきらのボールペンをプレゼント
喜んでもらえてたら いいんだけどねっ汗
あっ、写メるのわすれたぁ〜〜〜笑




で、先日出来上がった わたしの携帯電話
おもて面 デコ電の完成(笑)

一粒一粒 全部 自分でデコったのよん!!


あんがい かわゆく できたでしょぉ〜〜〜おはな



リクエストあったら 実費のみで承りまぁ〜す♪
なんでも、デコるよん!!
| ひとりごと | 16:55 | comments(4) | trackbacks(2) |
等身大の自分
最近、本屋さんに行くと
AYUの表紙の雑誌がいっぱい

(↑ それにしても、綺麗!! 目でかすぎぃ〜〜)

アルバムを出したからなんだろうけれど、
私は 浜崎あゆみ めっちゃ歌好きなんだよねぇ・・・
All Time 浜崎あゆみ All Time 浜崎あゆみ 【3月19日まで公開】


曲もすきだし、この人の仕事に対するスタンスが大好き!

でね、今月かなり いっぱいの彼女の記事をよんだの。
立ち読みもあるし、家にあるのもあるし

でね、
すんごい こころに残ったふれーずがあったの

嘘をつくのもイヤ、諦めるのもイヤ
わたしは、人にも自分にも誠実であり続けたいから


それ、最近 実感してる
いま、このブログで 聞いていただきたいことがあるんだぁ
でも、まだ ちょっぴり文字にする自信がなくて、勇気がなくて…
なので、いつか。
その時が来たら、ぜひ よんでもらえた嬉しいな、って 思ってます。

| ひとりごと | 16:28 | comments(3) | trackbacks(4) |
夢見月
ちょっといい話?笑

むか〜し、小学生のときに 12ヶ月の別名を覚えさせられたことがありました

『睦月、如月、弥生・・・』

そうそう それです!
もちろん、そのときに それぞれの意味をわかるわけなどなく(一応 説明はしてくれましたが…)
ただ、呪文のように 覚えていました

でも、なんか 大人になってみると
その言い方も 情緒があってなんか 素敵だなぁ〜
なんて おもったりして。 ←単に オバサンになっただけ?汗

でね、3月の 別名を ご紹介
もちろん、いちばん知られているのは 弥生 
でも、これ以外にも 結構素敵な名前が たくさんあるようなのです
桃月桜月
旧暦では桜が咲くころなので 花咲月花見月
そして、桜のことを夢見草といったことから 夢見月 ともよばれていたのだそうです
(参考:美人の日本語 幻冬舎)

早いもので、あしたから もう3月です

あたたかい外の空気を たくさん吸い込んで
夢見月の名前にあやかって
たくさん 素敵な夢を見て 幸せな時間を すごしていきたいものですよねっ♪



| ひとりごと | 21:02 | comments(0) | trackbacks(1) |
おひさしぶりですぅ〜〜〜♪
とってもとっても、お久しぶりです(*^。^*)

とうとう、あと一週間をきりましたねぇ・・NEWSコン

準備はどんなんなのでしょう??
オープニングはどの曲からなのでしょう・・・
第一声は 誰のなんて言葉なのでしょう・・・

とほほのpinkには どれも拝めませんが
是非是非 素敵なステージになると いいなぁ〜〜と
心から思っております・・・・・・・・・・・・・・・・


最近ちょっと 文章を書き溜めております・・・
まぁ、以前「P」-ink go now!! でよく書いていた ヒトリゴトみたいなものですが・・・
自分の気持ちって 文章にすると 結構すっきりハッキリしてくるものですよねっ!!
なので 今の 等身大の気持ちを綴っておくのって いいかなぁ って おもって。

もし機会があったら 一言でも二言でも 文章にしてみるって いいですよぉ♪


最近 直接メールをいただくことがとっても嬉しいです
このブログを更新していないから コメントしづらいってゆうのもあるのかも!!笑
でも、皆さんからいただいているメールの言葉って、ホントまっすぐでいろいろ成長させていただいています。
山下も、セブンティーンでファンレターのことを書いていましたが、一度もお会いしたことのない方からメールをいただくことで、本当に心から幸せになれるし、これからも自分の進む道を考えていく大きな力になったりもします。
いただいたメールはメモラのときからを含め全て保存させていただいていますし、大切な宝物です♪

あらためて、この場をおかりして 御礼を・・・

いつも ありがとうございます(*^_^*)
これからも、 どうぞ このブログともども よろしくお願いいたします♪
| ひとりごと | 13:34 | comments(0) | trackbacks(3) |
ベストセラー
毎年、いろんなベストセラーが発売されているけれど、

やっぱ 究極のベストセラーは 『 聖書 』だって
昨日 何気なく見てたテレビのコメンテーターが言ってた・・・

うん、なるほどなぁ…


で、本日 ちょっぴり ご紹介!!!
私の 大好きな聖書の一節  いっぱい好きな箇所はあるんだけれど
ブログを書いてる この場所には いいんじゃないかなぁ。。 って思って
ココを選びました


ヨハネによる福音書(1.1〜5)

始めにことばがあった。
ことばは神と共にあった。ことばは神であった。
すべてのものは、これによってできた。
出来たもののうち、一つとしてこれによらないものはなかった。
このことばに命があった。
そしてこの命は人の光であった。
光はやみの中に輝いている。そして、やみはこれに勝たなかった。


聖書って、新約聖書と旧約聖書の2種類があるのね。
でね、マメ知識!!!
その旧約聖書の 1番最初の1番最初 創世記の第一章にはこんなことが書いてあるの

はじめに神は天と地とを創造された。・・(中略)・・神は「光あれ」と言われた。すると光があった。神はその光を見て、良しとされた。神はその光とやみとを分けられた。神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた。夕となりまた朝となった。第一日目である。



神様は まず最初にを つくったんだよねぇ〜〜〜。
それから 闇とに分けたのよ・・・・
まずは 光ぴかぴか!!!
希望が先 って感じじゃん! まぁ これは私の勝手な解釈だけれど、、(笑)

私はキリスト教信者でもなんでもないから、深くその知識とか思想とかはわかんないけれど
でも、なんとなく 神様ありがとぉ〜〜。って感じかな???

やっぱ おひさまの下で ぽかぽかの日差しを浴びて 幸せにならない人っていないじゃない??
そのとき ちょっぴり落ち込んでいても、凹んでいても
おひさまのくれる優しさって やっぱ幸せだなぁ、、って 思えるときが来るもんね。

そういえば 今年は(東京)まだ 初雪が降ってないんだって
しかも日中10度以上の日が23/31もあったんだって…
いっぱい この暖冬のために困っている人もいるけれど
私的には ちょっぴし 感謝かな?

ではでは、 今日も一日 がんばりましょ〜〜〜(笑)
| ひとりごと | 08:46 | comments(2) | trackbacks(0) |